2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
赤ピーマン 生長報告(4)
2012/01/18(Wed)
赤ピーマン(実生実験中)

報告を忘れていましたが、実生実験の赤ピーマン。
結局クリスマスまで色づかず・・(笑)
でも、しっかり収穫してピザの具としていただきました♪

↓2011年11月17日。いくつか新しい実も生ってきてますが、大きくならないでしょう・・
赤ピーマン111117-1          赤ピーマン111117-2

↓2011年12月4日。                    ↓2011年12月13日。
赤ピーマン111204          赤ピーマン111213

↓2011年12月21日。                   ↓2011年12月24日。収穫してピザに♪
赤ピーマン111221          赤ピーマン111224

昨年も前年度に引き続きピザになって終了となりましたが
本年度はピーマンやパプリカの実生実験はしない予定です^^
この記事のURL | ☆タネから育てる 野菜☆ ピーマン | CM(0) | ▲ top
赤ピーマン 生長報告(3)
2011/11/17(Thu)
赤ピーマン(実生実験中)

パプリカ3色は実らず・・で観察を終了していますが
終わってないのがこのこ!『赤ピーマン』くんです^^
現在も少しずつ、着実に実が大きくなってきてますよ。

↓2011年10月18日。                      ↓2011年10月25日。
赤ピーマン111018     赤ピーマン111025

↓2011年11月4日。他にも小さな実が。。          ↓2011年11月8日。順調♪
赤ピーマン111104             赤ピーマン111108

クリスマスには食べれるかしら?(笑)
この記事のURL | ☆タネから育てる 野菜☆ ピーマン | CM(3) | ▲ top
赤ピーマン 生長報告(2)
2011/10/02(Sun)
赤ピーマン(実生実験中)

昨年の9月にお料理に使った「赤ピーマン」から採取したタネ。
前回の記事では発芽したくらいまででしたが、その後もスクスクと生長中です。

↓2011年5月13日。                       ↓同日。7芽に間引く。
赤ピーマン110513-1     赤ピーマン110513-2

↓2011年5月16日。さらに4芽に間引く。          ↓2011年5月19日。
赤ピーマン110516(間引く)     赤ピーマン110519

↓2011年5月21日。3芽に間引く。              ↓2011年5月24日。
赤ピーマン110521     赤ピーマン110524

↓2011年5月30日。2芽に間引く。              ↓2011年5月31日。1芽に!!
赤ピーマン110530     赤ピーマン110531(間引く)

↓2011年6月5日。                        ↓2011年6月13日。
赤ピーマン110605     赤ピーマン110613

↓2011年6月17日。                    ↓2011年6月26日。
赤ピーマン110617          赤ピーマン110626

1本にしてから生長が早くなってきました。
でももう6月末なのに、この大きさ・・
実がなったとしても赤く色づかないかもしれませんね^^;

そして、ここで入院したので観察できず(>_<)

↓2011年8月18日。花が咲いたとダンナ様が携帯で撮影して送ってくれました♪
赤ピーマン110818

↓2011年9月10日。実は?と思ったら、花も実もなくなってました(>_<)
赤ピーマン110910


生長報告(3)につづく
この記事のURL | ☆タネから育てる 野菜☆ ピーマン | CM(0) | ▲ top
赤ピーマンも発芽です(1)
2011/05/11(Wed)
赤ピーマン(実生実験中)

ミニトマト、パプリカ3種類の他に赤ピーマンもタネの採取してました(笑)
姫っちにとってキッチンは料理で楽しみ、そしてタネ採取で楽しめる場所なんです^^
安い趣味のようでいて、案外育てるのにお金と時間がかかりそうですが・・
気にしない、気にしない♪

赤色のパプリカ赤色のピーマン、一緒のようなイメージがしますが・・
実際、料理で使ってみると肉厚さが違ったり、味が違うのでわかります^^
もちろん色は似てる部分はありますが形も赤ピーマンは普通のピーマンと同じ形ですから。

調べてみるとどちらもナス科でトウガラシ属に分類されていますが、植物学上も違います。

『赤ピーマン』はよく見かける青ピーマンと同じ種類。
色の違いは品種と熟度によるものとのこと。
未熟のものは青ピーマンですが、時間をかけて熟させて収穫したものが赤となる!
なんと!!!赤くなるまでに青ピーマンの倍以上の日数がかかるんですって!
あまりスーパーなどでもたくさん陳列されてないわけですよね^^
味も熟すにつれ甘味が増すそうです。
(確かにお料理に昨年何度か使ったのですが、青ピーマンのような青臭みもなかった)

『パプリカ(ジャンボピーマン)』は肉厚の大型種。
赤色のほかに緑、黄色、茶色などのカラフルな色があるのも特徴。
品種と熟度によって色が決まるそうです。

そんなに熟すのに時間のかかる赤ピーマン・・今年中に色づくのだろうか?(笑)

↓2010年9月22日。タネを採取して洗います!      ↓保存袋に入れて、春まで冷蔵庫の中に。
赤ピーマン100922-1     赤ピーマン100922-2

↓2011年4月11日。タネ蒔き♪               ↓2011年4月27日。動き出した!!
赤ピーマン110411     赤ピーマン110427

↓2011年5月2日。生長の早かったオレンジ色パプリカに比べるとゆっくりの様子。
赤ピーマン110502-1     赤ピーマン110502-2

↓2011年5月3日。芽っぽくなってきました。        ↓2011年5月5日。
赤ピーマン110503     赤ピーマン110505

↓2011年5月6日。                       ↓2011年5月9日。だいぶ発芽してきました。
赤ピーマン110506     赤ピーマン110509

今後の生長に期待!!
この記事のURL | ☆タネから育てる 野菜☆ ピーマン | CM(0) | ▲ top
| メイン |
アクセス解析出会い