実家からの薔薇便り2016年春・・9
2016/11/21(Mon)
ピエール・ドゥ・ロンサール(LCl)

たぶんアップできてなかった今年の春夏の薔薇の写真はこれで終わりかな?
締めてくれるのはピエールさんです♪

やっぱり、このコは可愛いです。

↓2016年5月2日撮影。
ピエール・ドゥ・ロンサール160502-1    ピエール・ドゥ・ロンサール160502-2

↓2016年5月22日撮影。
ピエール・ドゥ・ロンサール160522

↓2016年5月23日撮影。
ピエール・ドゥ・ロンサール160523

↓2016年5月26日撮影。
ピエール・ドゥ・ロンサール160526

↓2016年5月27日撮影。
ピエール・ドゥ・ロンサール160527

花つきの悪いツルはそろそろ更新かもしれませんね。
印をつけてくればよかったなぁ~^^;
毎冬、父が悩むのです。。。

この記事のURL | ☆薔薇 LCl☆ ピエール・ドゥ・ロンサール | CM(0) | ▲ top
実家からの薔薇だより・・2015春(2)
2015/06/07(Sun)
ピエール・ドゥ・ロンサール(LCl)

(1)のアンジェラに続いて、ピエールさんの紹介です。
2007年にお迎えしたピエールさん、大株になってますが元気です。

2013年に家の建替えの為、移植。
その後再びお庭に戻ってきたわけですが・・。
昨年はまだ2013年春ほどの花量までは回復せずでしたが
今年はどうだったのでしょう?

↓2015年5月3日撮影。
ピエール・ドゥ・ロンサール150503
GWの帰省時に見てみると・・・
蕾がたくさんあがってました。
100個以上はついてました。

現在、お庭の別のフェンスにも2,3株植えて2年ほど経ったので
そちらの方も今後の生長が楽しみ♪

↓2015年5月8日撮影。
ピエール・ドゥ・ロンサール150508


↓2015年5月25日撮影。
ピエール・ドゥ・ロンサール150525
この後、さらに開花が進んで綺麗だったそうです。
その時の写真が欲しかった・・・。

クリムゾン・グローリーが植えてあるため
ルージュ・ピエールは植えると色がダブるなぁ~って思ってますが
先日、植物園で咲いてるのを見てちょっと欲しくなっています(笑)
この記事のURL | ☆薔薇 LCl☆ ピエール・ドゥ・ロンサール | CM(0) | ▲ top
ピエール・ドゥ・ロンサール
2014/06/26(Thu)
ピエール・ドゥ・ロンサール(LCl)

家の壁面に誘引されていたピエール様はご存知の通り
昨年の7月に家の建替えの為に駐車場の方へと移動。

その時の記事はこちらへ → 昨年7月の大移動

そしてまたお庭に戻しましたが、2度も根をいじられ元気がイマイチ。

戻ってきたピエールさんの記事はこちら → 今年は休養が必要です

でも健気にも蕾がいくつかあがり咲いてくれていたんです。
数えたら11個でした。

↓2014年6月3日。家の壁面にあった古株のピエール様♪
ピエール・ドゥ・ロンサール140603

↓2014年6月5日。こちらも家の壁面です。
ピエール・ドゥ・ロンサール140605

ゆっくり休むんだよ~♪と思っていたんですが・・
でも根が張り始めたのでしょうか?
6月に入って小さな蕾が次々とあがってきていました。
他の薔薇たちとは時期がずれて一斉に咲いてくれるかもしれません。
蕾はざっと数えても30~40個はありました。
たぶん今頃、満開?

↓昨年の壁面のピエールさん(2013年6月11日撮影)
ピエール・ドゥ・ロンサール130611
昨年は100個以上のお花が一斉に咲き、壁面に誘引して最高の年になりました。
ここまでに復活するのはあと2年くらい時間が必要かも^^
でもまたたくさんの花を咲かせて、みんなを楽しませてくれるんでしょうね♪

そして新しいフェンスにピエールさん3株が誘引されていました。
どんだけ好きなんでしょう?(笑)
本当はERやオールドで鉢植えのを数鉢を地植えにするならと指定してきたんだけど・・。
母がピエールさんが大好きなので、そちらの主張が勝ったらしい^^;

というわけで、きっと新しいフェンスの方も3年後くらいには
花がたくさんになってすごい状態になると予想されます。
ピエールさん好きの方は是非どうぞ^^

↓2014年5月30日。新しいフェンスに誘引されてるピエール様♪
ピエール・ドゥ・ロンサール140530

↓2014年5月31日。こちら2枚も新しいフェンスに誘引されてるピエール様。
ピエール・ドゥ・ロンサール140531-1

ピエール・ドゥ・ロンサール140531-2

お盆に帰省したら、どれだけ大きくなってるかな?
楽しみでもあり・・少し怖い(笑)
6月の時点でシュートか各株につき2~3本出てきてたんです(>_<)
爆発力がすごすぎる。
この記事のURL | ☆薔薇 LCl☆ ピエール・ドゥ・ロンサール | CM(2) | ▲ top
今年のピエールさんには休養が必要です。
2014/05/11(Sun)
ピエール・ドゥ・ロンサール(LCl)

家の建替えのために昨年の7月に根っこを抜かれ、ガレージ裏へ移動。
そして家が完成したため、またお庭に移動してきたピエールさんです。
この1年間に2回も根をいじられたので枯れる可能性大!と
みなで覚悟はしていましたが、なんとか生きてくれています。

でも、例年より元気がないのは一目瞭然。

↓2014年3月17日。
ピエール140317-1        ピエール140317-2

↓2014年5月1日。
ピエール140501

現在、蕾も上がってるそうですが、数がやはり少ないそうです。
今年は花が咲くことよりもまた根がこの庭に張ることが大事!
父が花が少なくなりそうと嘆いていましたが、花は無理には咲かせないようにと言いました。
枯れてしまっては可哀想ですからね^^
来年、もしくは再来年に復活してくれることを楽しみに。
とはいえ、これだけ大きいので20個は咲くとは思いますよ。
(昨年は100個以上でした)

この株とは別に、万が一この移動で枯れるかも!と心配もあり
挿し木の準備も1~2年計画でしてあって、それも大きくなったので
別の場所にずら~りとフェンスをこの春増やしたので、そこに地植えしました。
3年くらい経ったら、いい感じになるかもしれません。
ピエールさん以外にも姫っちが育てていた大鉢のコを3月の帰省中に
4品種ほど選んで地植えにしてもらったので、鉢も8個ほど減りました。
植え替えが楽になっただろうけど、誘引が大変かも^^;
頑張れ!父!!

立派に育った頃、また紹介しますね。
今はまだスカスカ~。
この記事のURL | ☆薔薇 LCl☆ ピエール・ドゥ・ロンサール | CM(0) | ▲ top
ピエールの移植作業・・7月
2013/09/17(Tue)
ピエール・ドゥ・ロンサール(LCl)

実家の壁に誘引していたピエールさん。
建替えをすることがきまり、どうしましょう?となっていたわけですが
駐車場の壁に移設することになり、7月某日、父総指揮のもと
家族が終結して移植作業をしてくれました^^

↓2013年7月14日。家の壁から何年ぶりかでピエールさんがなくなりました。
ピエール130714-1(移植作業)

↓同日。駐車場の壁へと移動です。
ピエール130714-2(移植作業)

かなり大きくなっていたので、少し剪定などをして挑んだとのことでしたが
それでもこれだけの大きさなので大変だったみたいです。
つるは外すと大変だからと、そのままの状態で移動となりました。

それから約1ケ月・・。

↓2013年8月5日。枯れてしまった枝もありましたが、ほぼ元気の様子。
ピエール130805-1(移植後)    ピエール130805-2(移植後)

移植して3日くらいで葉っぱがすべて落ちちゃったとのこと。
でも約1ケ月のこの日、よく見ると新芽がたくさん出ていました^^
根が落ち着いてきた証拠ですよね。
安心しました。

家が新しくなっても姫っちはこのままの場所の方がいいと思うんですが
どうやら父はまた庭の方に移動を考えているみたいです。
確かにアーチとかは庭の方がいいと思うけど・・
半年でまた移植は、株がそうとう弱るような気がしています。

この日はピエールさんのほかにも、
アーチに誘引していたつるクリムゾン・グローリーとバフ・ビューティー、
家の壁に誘引していたレオナルド・ダビンチとスノーグースも移植されました。

姫っちを含め気になっていた方も多かったと思うので
帰省した時に写真と実物を確認してきました^^

この記事のURL | ☆薔薇 LCl☆ ピエール・ドゥ・ロンサール | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
アクセス解析出会い